施工事例



アンダーピニング工法


地盤の状況に適した補強方法で反力を設置して、構造物のレベルを修正します。







曳き移設工・嵩上げ工


文化財のような重要な建物などの建築物を近距離から中距離まで移動します。







炭素繊維基礎補強工事


基礎立ち上り部に発生したヒビ割れを耐震補強する工事。無筋の基礎が補強する事により2~4倍強度上昇します。







劣化コンクリート改質材補修工法


洗浄、専用改質材の塗布により水などの劣化因子の浸入を遮断し、耐久性能を向上させます。


























構造物修復工法研究会(本部事務局)

〒140-0013 東京都品川区南大井5-27-17 イマス南大井ビル
TEL : 03-3298-3344  FAX : 03-5753-1293  
E-mail : info@shufuku.jp

© 2019 The Research Institute of Methods for Architectural Restoration